実名・実顔写真と所属が明確に確認できる方のみ承認しております。

直接の面識がない方は、簡単なメッセージをお願いいたします。

2014年

7月

20日

特別支援級の児童・生徒の家庭教師しています

ご好評につき、あと数名のみ即時、指導開始可能です!!

今のままでは、「このままの状態では、長く生きていけない」のは分かっている

 

そんなお子さんたちのもとへ直接出向いて徹底的に指導をしていきます。

メンタルヘルスや発達障害の特性を理解しているので、学習障害のお子さんでも対応致します!

そのお子さんに合った教材をオリジナルで制作致します。

また、学校で使っている教材の効果的な使い方もアドバイス致します。

 

料金:30分5,000円/1回1コマより受け付けています。

(テキスト代込み。交通費は別途とします。)

※ひとり親家庭など事情に応じて料金の調整は致します。

 

教科:小学校1年生~6年生(全教科)※その他対人関係の結び方の指導など

                  SST(ソーシャルスキルトレーニング)も行います!

      中学生1年生~3年生(全教科)

   高校1年生~3年生(英語・国語[現代文・古文・漢文]・社会[日本史・世界史]・

            公民[現代社会・倫理])

   中学・高校卒業以上の方、高校認定試験の指導も行っています!

   小学生・中学生の作文添削・大学受験・公務員試験小論文の添削指導!

 

出講場所:東京・神奈川でしたらどこへでも伺います。

 

 

メンタルヘルスの生半可な知識と指導経験だけで家庭教師をする、

怖さをご存知でしょうか?

仮にプロ講師が来たとしても、その会社では、問題を抱えた子どもたちの指導は、

オプションに過ぎない場合も多々あります。

 

まずは体験授業を受講してみて下さい。60分無料で1回行います。

 

 

 ●普通の家庭教師のデメリット

 

発達障害やメンタルヘルスの問題を抱えたお子さんを指導するには、

「どの科目のどの分野がわかっていないのか?」

「勉強と心の状態の関係をわかっていない

と適切な指導はできません。

 

 

当然障害やメンタルヘルスなどの知識もないので、

児童・生徒一人一人のレベルには合わせてくれませんので、

一度分からなくなると授業が一方通行の講義になりがちです。

 

 

また、お子さんが学校の授業や教科書の内容もしっかり理解できていないのに、

学校の授業に合わせて行う通常の塾や家庭教師の授業内容は生徒にとってはとてつもなく

負担になる場合があります。

 

 

 

家庭教師を雇う際のデメリット、それは「教師が学生の場合が多い」ということです。

 

大学生の家庭教師というのは、「勉強すること」は間違いなく生徒より上、

もしかしたらご両親よりも上かもしれませんが、「勉強を教えること」に関しては、

プロの家庭教師や塾の講師と比べてみると、やはり劣るという人がほとんどです。

また、発達障害などのメンタルヘルス問題を考慮しない指導を行った結果、

お子さんが指導を中に傷付けられるケースもあります。

 

また「大学生の家庭教師はアルバイト感覚で勉強を教えているかもしれない」のです。

アルバイトであることは誰にでも分かるでしょうが、お金をいただくことに対する責任感と

プロであるという自覚ができているかどうかは分かりません。

 

授業の説明の分かりやすさ、理解しやすさは勿論のこと、

一週間で学習する内容提示やメンタルヘルスを考慮した指導を徹底的にやっていきます。

一方的な授業では終わりません

勉強に特化した指導では終わりません。

 

 

自分ひとりでの学習の時間には何をどんなことに気をつけてやればよいのか、

アドバイスをしていきます。

指導教科以外でも勉強方法や対人関係スキル・世の中のルールなどを指導していきます。

 

また、お子さんの悩みなどを聞いて、お子さんの将来の職業適性を探すお手伝いをします

 

是非、一度お子さんと親御さんの素直な悩みや声を聞かせてください。

 

 

 

 

 

 

 

20,000人以上の自傷・メンタルヘルス相談・家庭教師指導をしてきた実績があります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メモ: * は入力必須項目です

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    名無しさん (月曜日, 21 7月 2014 20:52)

    iPhoneでこのページを見てるのですが、文字が重なっており、非常に読みにくいものになっております。また最後の行は入力欄に重なり、何を伝えたいのか全くわかりません。

  • #2

    フリーライター (金曜日, 25 7月 2014 11:28)

    返信が遅くなってしまい済みません。
    この記事に記載されている文は、下記の通りです。


    ご好評につき、あと数名のみ即時、指導開始可能です!!
    今のままでは、「このままの状態では、長く生きていけない」のは分かっている。

    そんなお子さんたちのもとへ直接出向いて徹底的に指導をしていきます。
    メンタルヘルスや発達障害の特性を理解しているので、学習障害のお子さんでも対応致します!
    そのお子さんに合った教材をオリジナルで制作致します。
    また、学校で使っている教材の効果的な使い方もアドバイス致します。

    料金:30分5,000円/1回1コマより受け付けています。
    (テキスト代込み。交通費は別途とします。)
    ※ひとり親家庭など事情に応じて料金の調整は致します。

    教科:小学校1年生~6年生(全教科)※その他対人関係の結び方の指導など
                      SST(ソーシャルスキルトレーニング)も行います!
    中学生1年生~3年生(全教科)
       高校1年生~3年生(英語・国語[現代文・古文・漢文]・社会[日本史・世界史]・
                公民[現代社会・倫理])
       ☆中学・高校卒業以上の方、高校認定試験の指導も行っています!
       ☆小学生・中学生の作文添削・大学受験・公務員試験小論文の添削指導!

    出講場所:東京・神奈川でしたらどこへでも伺います。


    メンタルヘルスの生半可な知識と指導経験だけで家庭教師をする、
    怖さをご存知でしょうか?
    仮にプロ講師が来たとしても、その会社では、問題を抱えた子どもたちの指導は、
    オプションに過ぎない場合も多々あります。

    まずは体験授業を受講してみて下さい。60分無料で1回行います。


    ●普通の家庭教師のデメリット

    発達障害やメンタルヘルスの問題を抱えたお子さんを指導するには、
    「どの科目のどの分野がわかっていないのか?」
    「勉強と心の状態の関係をわかっていない」
    と適切な指導はできません。


    当然障害やメンタルヘルスなどの知識もないので、
    児童・生徒一人一人のレベルには合わせてくれませんので、
    一度分からなくなると授業が一方通行の講義になりがちです。


    また、お子さんが学校の授業や教科書の内容もしっかり理解できていないのに、
    学校の授業に合わせて行う通常の塾や家庭教師の授業内容は生徒にとってはとてつもなく
    負担になる場合があります。



    家庭教師を雇う際のデメリット、それは「教師が学生の場合が多い」ということです。

    大学生の家庭教師というのは、「勉強すること」は間違いなく生徒より上、
    もしかしたらご両親よりも上かもしれませんが、「勉強を教えること」に関しては、
    プロの家庭教師や塾の講師と比べてみると、やはり劣るという人がほとんどです。
    また、発達障害などのメンタルヘルス問題を考慮しない指導を行った結果、
    お子さんが指導を中に傷付けられるケースもあります。

    また「大学生の家庭教師はアルバイト感覚で勉強を教えているかもしれない」のです。
    アルバイトであることは誰にでも分かるでしょうが、お金をいただくことに対する責任感と
    プロであるという自覚ができているかどうかは分かりません。

    授業の説明の分かりやすさ、理解しやすさは勿論のこと、
    一週間で学習する内容提示やメンタルヘルスを考慮した指導を徹底的にやっていきます。
    一方的な授業では終わりません。
    勉強に特化した指導では終わりません。


    自分ひとりでの学習の時間には何をどんなことに気をつけてやればよいのか、
    アドバイスをしていきます。
    指導教科以外でも勉強方法や対人関係スキル・世の中のルールなどを指導していきます。

    また、お子さんの悩みなどを聞いて、お子さんの将来の職業適性を探すお手伝いをします。

    是非、一度お子さんと親御さんの素直な悩みや声を聞かせてください。







    20,000人以上の自傷・メンタルヘルス相談・家庭教師指導をしてきた実績があります!