実名・実顔写真と所属が明確に確認できる方のみ承認しております。

直接の面識がない方は、簡単なメッセージをお願いいたします。

教育崩壊現象に惑わされるんじゃない! ─揺れる子供たちへのメッセージ

2007年当時メディアサボールに執筆した記事です。

 

昔から最近の「若いやつは…」と子供たちは、大人に批判されてきた。今年還暦(60歳)を迎える昭和22年から24年生まれは、「団塊の世代」と呼ばれている。

学園闘争といって、大学に火炎瓶を投げ込んだりした世代で、少年事件も第二次世界大戦後、一番多かった層なんだ。

 

○メディアと「青少年凶悪化」幻想  広田 照幸 (教育社会学)
http://www.kodomonoshiten.net/asahi000824.htm

団塊の世代の子供の世代1970年代前半生まれを「団塊ジュニア」っていうんだ。そして、1970年代後半が、ロストジェネレーションっていうらしい。
http://dic.yahoo.co.jp/newword?ref=1&index=2007000127

 

ロストジェネレーションってのが、ニートとかフリーターとかの問題の当事者率が高いと学者やマスコミは騒ぎ立てている。

こんな大人たちが作った、国の社会に君たちは生きている。

「携帯もパソコンも子供には良くない!」ってお父さん、お母さんは言ってるかも知れない。でも、そういう物の発明を願ったのは、大人たちなんだよね。

 

だから、矛盾を感じている子供がいるってのはよくわかる。僕は、ジャーナリストで、取材で子供たちと関わる機会も多いし、塾でも教えてるから、小学生から高校生まで毎日接している。娘も9ヶ月で、息子も6歳だから、もっと小さい子供たちの声も聞いている。

 

何でも揃っている、この世の中で未来の夢を持つのが難しいのもよくわかる。だから、夢を持たなくても、持つことを考えることもしなくて済む、大学までエスカレータ方式の私立小学校、中学校が人気なんだ。

 

でも、それは君たち自身で考えて選んだ訳ではないだろう。親が、「お前の将来を考えたら、私立が良い」なんて言うから、「お父さんやお母さんがそう言うなら間違いない」って何の根拠もなしに思い込んでるだけではないのかな?

教育の崩壊って言葉に大人は過剰反応しすぎなんだ。君たちが学校へ行ける限り、教育が崩壊したとは言えない。

 

ゆとり教育で土日が休みになって、授業数は減った分、十年前の子供たちよりは、勉強する内容が少なくなっている。これを、元に戻そうという動きが出ている。でも、本当のゆとり教育って、勉強ができる人は  どんどん進めて、できない人はゆっくりやるっていう勉強の仕方のことだったんだ。それを、先生たちが勘違いしてたから、今の教育の崩壊、混乱は起こってしまった。

 

君たちが大きな病気にならない限り、親は君たちよりも早く死ぬ。でも、君たちは生きている限り、色々なことを考え続けなければならない。親の世代が作り出した、環境問題や年金問題など、たくさんのややこしいものを処理していかなければならないんだ。

さらに、親は老後の世話を子供にしてもらうために、レベルの高い学校へ行ってもらって、給料の高い企業に入社する、その恩を売ってる可能性すらある。そこまで酷い話はないと思うかもしれないけど、今は会社をクビにならない終身雇用制度ってのがなくなって、不安なんだ。それで、子供に投資する親が多くなっている。

 

これからの時代は、「子供だから…」なんて甘えて、自分の責任を放棄していてはダメなんだ。

自分で自分のことを考えて行動しないことを、夜回り先生こと水谷修さんは、「自分病」と呼んでいる。彼にリストカットや薬物問題で相談してくる人のほとんどは、この自分病らしいんだ。

 

大人が悪い、先生が悪いとか言ってたら、知らない間に、自分が同じ立場に立ってしまう。月日の経つのは早い。光陰矢のごとし。

いじめ問題だって、学校で終わりじゃない。だから、自分で解決する力を養うことも大切なんだ。国が24時間体制でいじめ相談を受けるような時代だからこそ、この問題も自分で考えよう。  

○いじめ相談の窓口
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/06112210.htm

○いじめ防止ネットワーク:いじめSOSメール
http://www.ijimesos.org/


別にこの日本って国から出て行くのも自由だ。日本に一生いなくちゃならない法律なんてない。 

ただ、自由になりたいのであれば、何か一つのことに打ち込もう。勉強でもスポーツでも良い。その中の一つの分野を極めよう。そうすれば、次が自然と見えてくる。

 

僕も、ジャーナリストになる前は、英語をメチャクチャ勉強した。そこから、色々知識の吸収の仕方を身に付けた。その結果、自然に希望の職に就いた。だけど、現実は食べていくのが精一杯って感じ。努力を怠ったら、すぐに足下をすくわれる。

 

こんな世の中に生まれたのだから、自分のことは自分で責任を持とう。周りの大人のせいにしてたら、いつまでも子供のままだ。

 

大人に色々言われるのが嫌だったら、見返してやるために一生懸命になるんだ。がむしゃらになることは、カッコ悪いことじゃないんだから。