実名・実顔写真と所属が明確に確認できる方のみ承認しております。

直接の面識がない方は、簡単なメッセージをお願いいたします。

Galneryus「Angel of Salvation」

息つく暇もない音の洪水のようなアルバムだ。

小野正利ののvoは天を舞い、syuのギターはそれを先導していく。

 

大作主義になるのは、小野が加入したときよりわかっていたが、

メロディアスだけでなくここまでシンフォニックになるとは…。

 

さらに前作からアクセントとしてストレートなHRチューンが一曲入ったことも大きい。

前作のBush out!は、名曲。今作もややフックの効いたLonely as a strangerが良い味を出している。

 

イントロとアウトロの入り方終わり方は、もはや新生galneriusになってからはお馴染み。

メロディを大事にし、泣きのギターで他の追随を許さないテクニックと叙情性をアピールするsyuは、大作Angel of salvationでも緩急を見事に織り交ぜたプレイを見せる。

 

ほかのリズム隊やkeyもテクニカルで小野とsyuだけが主役ではないことを主張している。さらにAngel of salvationのバックvoに参加している、Livmoonの Akane livも小野とのコーラスですばらしい働きをしている。

 

「日本のメタルはだめなんて言わせない。」そんな危害が自然に織り混ざった名作である。