実名・実顔写真と所属が明確に確認できる方のみ承認しております。

直接の面識がない方は、簡単なメッセージをお願いいたします。

こどもの“ふつう”を考える福祉・教育・医療の会(「岩手ふつうの会」)

こどもの“ふつう”を考える福祉・教育・医療の会(岩手ふつうの会)事務局の高橋です。
 
当会は子どもの“ふつう”の生活とは何か、をテーマに1年前に立ち上げられた団体です。
この度、震災地岩手の子ども達の福祉・保育・教育・医療の現場から、子どもの今の姿を、
その当事者が発言を行なうフォーラムを開催いたします。
 
たくさんの方々のご参加をお待ちいたしております。
 
 
 
===========================================================
 
1.日 時 2011年10月22日(土)13:30〜16:00
2.場 所 岩手県公会堂 26号室(120名)
3.主 催 こどもの“ふつう”を考える福祉・教育・医療の会(「岩手ふつうの会」)
4.対 象 一般県民の方々
5.参加費 500円(資料代を含む)
6.内 容 
㈰基調報告「被災地で見たものは」 (30分)
   小野寺 けい子氏  盛岡医療生協理事長 川久保病院小児科医 
㈪パネルディスカッション (120分)
  ◇コーディネーター 藤 澤  昇 氏 みちのくみどり学園園長(当会代表)
  ◇パネリスト
     【福祉分野】 船 野 克 好氏(児童家庭支援センター大洋臨床心理士)
     【保育分野】 佐々木 利恵子氏(陸前高田市立長部保育所 所長)    
     【教育分野】 村 上 貴美子氏(山田町立織笠小学校 養護教諭)
     【医療分野】 渕 向  透  氏(岩手県立大船渡病院 副院長 小児科医)
    
  
 
※問合せ先 「岩手ふつうの会」事務局 
盛岡医療生協内 電話019-635-6253 Fax 019-635-1736 
e-mail:soshiki-butyo@morioka-medi-coop.or.jp
                              mailto:michinoku@midori-gakuen.jp