実名・実顔写真と所属が明確に確認できる方のみ承認しております。

直接の面識がない方は、簡単なメッセージをお願いいたします。

読む・書く・聞く・話すの英語「4技能」を習得しませんか?

国語力アップコンテンツとセットをお勧めします。

日本の英語教育は、大きな転換期を迎えようとしています。

日本人は英語を読む・書くことは中学・高校の授業で習得できます。


しかし!


これからの本格的なグローバル社会を迎えるにあたって、大学入試もリーディングやライティングだけでなく

リスニングやスピーキングも必要になってきています。


外国語科の現状と課題、改善の方向性(検討素案)

(教育課程部会等の審議を踏まえて再整理したもの)



立教大学、英語資格・検定試験(4技能)を活用した一般入試を全学部に導入
~2016年度一般入試から「グローバル方式」を新設 ~


このように、英語教育は大きく変わろうとしています。

それでも、学校の教材を使って英語4技能を習得することはできます。

そのお手伝いをするのが、私の指導スタイルです。


対象:小学生〜社会人まで


料金:603,000円/1回1コマより受け付けています。

(テキスト代込み。交通費は別途とします。)

※ひとり親家庭など事情に応じて料金の調整は可能です。

 

 

出講場所:東京・神奈川でしたらどこへでも伺います。

 まずは体験授業を受講してみて下さい。60分無料で1回行います。


家庭教師を雇う際のデメリット、それは「教師が学生の場合が多い」ということです。

 

大学生の家庭教師というのは、「勉強すること」は間違いなく生徒より上、

もしかしたらご両親よりも上かもしれませんが、「勉強を教えること」に関しては、

プロの家庭教師や塾の講師と比べてみると、やはり劣るという人がほとんどです。


 

また「大学生の家庭教師はアルバイト感覚で勉強を教えているかもしれない」のです。

アルバイトであることは誰にでも分かるでしょうが、お金をいただくことに対する責任感と

プロであるという自覚ができているかどうかは分かりません。

 

 




様々な英語参考書・問題集を制作に携わってきた私しかできない指導をお約束いたします!

大切なのは、英語力だけではないと考えています。

小学生は勉強よりも、外で色々な遊びを見て感じる。

葉っぱを一つとってもそうです。

見た事のない葉っぱを見てもいないのに想像はできない。遊びの中で感じる。

その世代世代にあった経験をしっかりさせてあげることが大事だと思います。

中学生は、部活や委員会を通じて人間関係を学ぶ、そこで色々考える。


それが勉強の基礎になる。人ととの付き合い方を大事にして人間力を養ってほしい。

人間力を鍛えなければ勉強は出来ないと考えてます。」

まずは、お問い合わせください!

メモ: * は入力必須項目です

重点指導地域

(川崎市)

多摩区・麻生区・宮前区・高津区・中原区・幸区・川崎区

 

(横浜市)

全域

 

(東京都)

狛江市・町田市・調布市・稲城市・日野市・世田谷区・港区