実名・実顔写真と所属が明確に確認できる方のみ承認しております。

直接の面識がない方は、簡単なメッセージをお願いいたします。

60分¥3000円のプロ家庭教師 (相談のスペシャリスト→社会福祉士)
60分¥3000円のプロ家庭教師 (相談のスペシャリスト→社会福祉士)

指導歴18年、1000人以上を成績アップさせたプロ家庭教師の指導術!!

2016年

5月

07日

ワンポイントリリーフ家庭教師指導開始

部活動に忙しいお子さんのための指導開始!(1回、1教科¥2000〜)

                   

             

中3、高3から本格的に高校入学の内申点アップ、大学の推薦入試内申点を目指すため定期テストを頑張りたい!

 

そんなお子さんのために今年度から、リリーフ指導も行います。

実際に、ご要望を多数受けていますので、告知した次第です。

学校、塾、予備校だけでは、あと10点アップがなかなかできないお子さんがたくさんいます。

そこで、テキスト等は学校、塾、予備校などのものを使用し、一教科10点アップを目指しませんか?

 

リリーフ指導対応教科

中学生(国語・英語・数学・社会・理科)

高校生(英語・現代文・古文・日本史・世界史)

より開始します。

 

今後高校生の教科も追加予定です!

0 コメント

2015年

12月

07日

メンタルケアの問題

この時期になると大学受験生でもメンタル面の問題が大きくなります。

社会福祉士国家試験でも、社会人の方は仕事をしながらの勉強なので非常に大変だと思います。


ただ、あと一ヶ月少しで本番を迎えるのに、


「やるのか・やらないのか」

「合格するのか不安」


などと考える時間はを全て、参考書を読む時間・過去問を解く時間に当ててください。

苦しい日でも一問は問題を解くなど試験に臨む態勢を崩さないようにすることこそが、合格へ近づきます。


それと、日々の勉強の記録をつけるのも良いです。

スランプの時に、過去の勉強の記録を見ると安心感が得られます。

なぜなら「こんなに頑張ってきたのだから大丈夫!」と思えるはずです。


メンタル面は、どうにでもなります。社会福祉士を目指そうと決めた日の気持ちを思い返してください。

時間は待ってくれません。


傷だらけの、満身創痍の心でも問題を解くことで、傷は癒されていきます。

0 コメント

2015年

12月

06日

第28回社会福祉士国家試験合格を目指す方へ。

第28回社会福祉士国家試験は、平成28年1月24日(日)です。

私もこの試験には苦労しました。

初めての受験は、1点足りず不合格、2回目は、宿直明けの受験でまたもや1点足りず不合格。

そして3回目の昨年、試験前2日間の休みをいただき、なんとか合格できました。


英検準一級、TOEIC、漢検のときも同じでしたが、とにかくアウトプット量が合格の鍵です。

昨年は、本気で勉強し始めたのが遅く12月20日前後です。毎月10日前後の宿直をして、

4人の退所児童の相談などに乗りながらの勉強でした。


宿直は、4時間睡眠。明けてそのまま14時まで勤務。その後、昼寝をして勉強。

勉強時間は2時間が限界で、その分質を重視しました。


テキストの太字部分を何度も確認し、過去問を解く。不正解の場合は、ひたすら解説を読解。暗記。


社会福祉士試験は、範囲もかなり広く、事例問題も多いので、時間内に解くスピードも問われます。

それは、問題を解いて、慣れることでしか身につかない力です。


これから一ヶ月ちょっとで合格を目指すのなら、テキストの重要項目の反復音読。

過去問題を解いて、慣れてください。


知識を脳に自動化して、反射的に問題に答えられよう訓練するのが、この時期に必要な訓練です


Practice makes perfect.(習うより慣れよ)

続きを読む 0 コメント

2015年

4月

24日

新しい家庭教師コンテンツ追加しました!

発達障害・引きこもり児童・生徒家庭教師コンテンツに加えて




英語指導家庭教師




◼︎国語力アップ家庭教師


を追加しました!


詳しくはそれぞれをクリックしてください!

0 コメント

2015年

3月

22日

第27回社会福祉士国家試験合格しました!!

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

20日

特別支援級の児童・生徒の家庭教師しています

ご好評につき、あと数名のみ即時、指導開始可能です!!

続きを読む 2 コメント

2014年

7月

11日

辛かったら逃げても良い

 

辛いことがあった時、人はグチをこぼす。マイナスな言葉、弱音を吐く。
「吐」という字は、口へんにプラスマイナス。
嫌なことは吐き出していい。
でも、そこから成功する人、夢を実現する人は少しずつ変化していく。
弱音は吐かない。ボジティブなことだけを言うようにする。
マイナスな事を取っていくと夢は「叶」う。

自分の思っていた到達点に少し足りないと思ったら、
軌道修正しながら、最終的な目標は変えない。
紆余曲折しながら、遠回りしながら、ここまで行けばいい。

これは危険だと思ったら回避する。
危険だと思ったら、逃げていい。
「逃」は、しんにょうに兆し。
そして、また時間をおいて、
しんにょうを手ヘンに変えて「挑」挑戦するんだ。

「幸」と「辛」
幸せでも、何かが欠けたら辛くなる
辛くても、何かが加われば幸いになる
「苦」「困」「災」に「難」を加えると「苦難」「困難」「災難」
こういうことが起こると不幸だと考えてしまう。
「難」が無い人生を「無難」という。
無難な人生なんてありえない。
だから、「難」が有る人生。「有」「難」と書いて「有難」し。

「命」は、人を一叩き(ひとたたき)と書く。
殴ったり蹴ったり、人を痛めつけることで命を感じる。これは大間違い。
寝てる時、無意識の時、今も叩き続けている心臓。
心臓の一叩きの連続が命。
その命を命懸けで産んだのはお母さん。女性です。
命の始まりは女なんです。
「女」が土「台」となって「始」まりとなる。
俺ら男は、女の人を粗末にしちゃ絶対ダメなんだ。
君らを産んだお母さんは命懸けで君らを産んだんだ。それは間違いない。
命懸けで産んだものが命なんだ。人間はそれを何度も繰り返してきた。
ここからは、皆が命を繋げていく。
ここから出たら、命を広げて行ってください。

心に響いたら、感動の輪を広げていってください。

 

「ゴルゴ松本さんの講演会の言葉」より

0 コメント

2013年

2月

27日

「就活で挫けそうな若者へのヒントを考える座談会」に参加します!

3/30に「就活で挫けそうな若者へのヒントを考える座談会」をやります。

どうもです。急な話でナニですが、就活マッチョになれないその他大勢の若者(及び転職でヘコタレてるおにーさん、おねーさん)に向けて地味なイベントをやります。タイトルには若者と書いてありますが、誰でも参加可能です。

勉強会でもなく、セミナーでもなく、ただなんとなく就活というか就職に関して、考えてみたいなぁというのがきっかけです。

概要は以下の通り。

 

日時:2013年3月30日 16時~20時予定
 
場所:麹町 KDDI Web Communicationsさんの会議室(6F)
  
タイトル:「就活で挫けそうな若者へのヒントを考える座談会」(長いっすねww)
 
座談会参加者:
赤木智弘さん (『若者を見殺しにする国』著者 http://twitter.com/T_akagi
寺地幹人さん (GLOCOM 研究員 http://researchmap.jp/MikitoTerachi/
久田圭彦さん (アデコ株式会社 取締役人事本部長 http://www.adecco.co.jp/pressroom/forum/
大月智博さん (フリーライター http://www.robotsuki.com/
showgoさん (技術家庭科(技術)非常勤講師 http://d.hatena.ne.jp/showgotch/
 
司会進行:やすゆき
 
骨子:就活に失敗したことで自殺してしまう若者がいる現代、就活そのものが目的化し若者を疲弊させる原因になっているのではないか。そうした状況の中で数少ない勝ち組と多数の負け組が区分され、就活セミナーなどでも勝ち組になることを強要される状況がある。その中で結果として挫けてしまう若者に対して何らかのヒント、生き延びていくための考え方、を対話の中から見出したい。
この座談会でそのヒントのカケラが生まれてくることを期待しています。
 
もっとぶっちゃけて言うと自分の子供とか後輩とかが挫折してしまった時に何かヒントになることを言える様に、手助けできるようになれるといいなという願いをカタチにしてみたということです。まぁ、これ一回でなんとかなるような甘いものとは思っていませんけども。
形式としてはフリートークとしたいと思いますが、現在の就活ってどうよ?的な部分を導入にして話を拡げていけたら良いのではと考えます。
 
定員20名くらい。参加費千円です。ソフトドリンク、お菓子などを用意します。
 
申し込み:Facdbookのイベント作りました。はこれから作ります。しばしお待ちを。
Twitterでは@yasuyukimaに@で教えてください。

 

続きを読む 0 コメント

2013年

1月

31日

体罰を使わずに能力を伸ばす方法

体罰がまたまた問題になっています。

「お前のためを思って、俺はお前を殴る!」

「お前を思えばこそだ!」

なんて言われても、受ける側からしてみれば、体罰ではなく暴力です

これは、虐待でも同じです。親からの愛情なんて感じない子どもがほとんどです。(少なくとも僕はそうでした)

体罰肯定派の背景には、体罰によって能力が上がるという盲信があります。

しかし、根性=能力ではありません。

これは、「ゆとり世代」とか世代論で割り切るものではないはずです。

 

では、体罰など用いずに指導するときにどのようにすれば良いのでしょうか?

これは、指導者側の辛抱強さも求められますが、

これができなければ人に何かを教える能力などないと言っても過言ではないでしょう。

 

勉強に関しての例を挙げます。

たとえば、1時間以内にいきなり、知らない漢字や英単語を300語覚えるのは、誰にも至難の業ではないでしょうか。一夜漬けでもかなり難しいと思います。

しかしこれを1日3語ずつ100日に分けて覚えるとなれば、何となくできるような気がしてきますよね。

 

カナダの心理学者バーバンデューラは、

この自分にもできるだろうと予期(確信)する感覚を「自己効力感」と呼びました。

つまり、「自分はここまでできそうだ」という感覚が、次の行動を引き起こすのです。

自己効力感が高い人は、「よし、やってやるぞ」と前向きに思うことができ、

一方、自己効力感が低い人は「自分には無理だ」とマイナス思考になって行動を起こせません。

 

では、自己効力感を高めるためにはどうすればいいのでしょうか。

バーバンデューラ心理学者は、四つの源泉を挙げています。

 

最も重要なのが達成体験で、自分で行動して達成できたという体験のこと。

二番目は代理経験。他人の達成体験を観察し、自分にもできそうだと感じること。

三番目は言語的説得。周囲から自分には能力があると励まされることも必要です。

最後は生理的情緒的高揚。苦手な場面を克服できたことで自己効力感が強まります。

 

ところで、自己効力感の高まりは、自尊感情の高まりにもつながります。

自尊感情が高まれば、自信を持てるようになり、さらに成功をもたらす行動に弾みがつくでしょう。

結局、上達の早い人というのはゴツゴツと成功体験を積み重ねていくことで前向きな自己を形成し、

そのことによってもっと大きなチャンスをつかんでいくことができる人だといえます。

 

しかし、この方法は全ての人に万能ではありません。

過去の失敗体験が心から離れない人は、不安や恐怖感が先に立ち、

積極的に行動することができず、失敗する確率も増えます。また、チャンスをリスクととらえがちです。

 

失敗は、反省して次に生かすことで初めて価値が生まれます。どうしても

失敗が気になる人には、心が落ち込んだ瞬間に「ストップー!!」と声を出して感情を飛散させる方法です。

ちょいネガティブキャラの人はこの方法を身につけされると良いと思います。

 

体罰が恒常的に行われてしまうと、学力性無力感に陥ると思います。

これはいじめ・パワハラなども同様。

回避できない厳しい状況に長期にわたって置かれるとその状況に立ち向かう気力すらなくなってしまうのです。

体罰やいじめで悩む人たちはこの状況に陥って、悩み、苦しみ、最悪なケースになると死を選ぶのだと思います

 

体罰肯定は、反骨精神で人の能力が上がると信じています。

そういう人もいるかもしれません。

ただ、ボクシング選手などは無理な減量を繰り返して燃え尽きてしまうことも速くなってしまいます。

引退後の人生を過ごす余力が少なくなってしまうのです。

 

技術的な練習には厳しい言葉が必要なときもあります。

ただ、体罰は指導者のストレス発散にしか過ぎず、指導される側に利益は少しもありません。

日本はスポーツ指導だけでなく、教育・ビジネスなどあらゆる分野で根性論が根付き、

それが負の連鎖となって、体罰肯定・否定などと前近代的な議論をマスコミが報道してしまうのです。

負の連鎖を、止めないと悲劇の連鎖が続いてしまうのは否定できないでしょう。

できる限り、どんな分野の指導者も指導の根拠や理由を示す必要があると僕は思います。

 

参考リンク体罰法的全面禁止33カ国が達成

 

続きを読む 0 コメント

2013年

1月

14日

人生に意味を与えるもの…

It is not what we get. But who we become, what we contribute that gives meaning to our lives.

 

by Anthony Robbins

 

人生に意味を与えるものとは、私たちが得るものではなく、どんな人物になるか、何に貢献するか、なのです。

 

 

0 コメント
ライターの募集・求人・登録なら【ブログライター】

2016年

5月

07日

ワンポイントリリーフ家庭教師指導開始

部活動に忙しいお子さんのための指導開始!(1回、1教科¥2000〜)

                   

             

中3、高3から本格的に高校入学の内申点アップ、大学の推薦入試内申点を目指すため定期テストを頑張りたい!

 

そんなお子さんのために今年度から、リリーフ指導も行います。

実際に、ご要望を多数受けていますので、告知した次第です。

学校、塾、予備校だけでは、あと10点アップがなかなかできないお子さんがたくさんいます。

そこで、テキスト等は学校、塾、予備校などのものを使用し、一教科10点アップを目指しませんか?

 

リリーフ指導対応教科

中学生(国語・英語・数学・社会・理科)

高校生(英語・現代文・古文・日本史・世界史)

より開始します。

 

今後高校生の教科も追加予定です!

0 コメント

2015年

12月

07日

メンタルケアの問題

この時期になると大学受験生でもメンタル面の問題が大きくなります。

社会福祉士国家試験でも、社会人の方は仕事をしながらの勉強なので非常に大変だと思います。


ただ、あと一ヶ月少しで本番を迎えるのに、


「やるのか・やらないのか」

「合格するのか不安」


などと考える時間はを全て、参考書を読む時間・過去問を解く時間に当ててください。

苦しい日でも一問は問題を解くなど試験に臨む態勢を崩さないようにすることこそが、合格へ近づきます。


それと、日々の勉強の記録をつけるのも良いです。

スランプの時に、過去の勉強の記録を見ると安心感が得られます。

なぜなら「こんなに頑張ってきたのだから大丈夫!」と思えるはずです。


メンタル面は、どうにでもなります。社会福祉士を目指そうと決めた日の気持ちを思い返してください。

時間は待ってくれません。


傷だらけの、満身創痍の心でも問題を解くことで、傷は癒されていきます。

0 コメント

2015年

12月

06日

第28回社会福祉士国家試験合格を目指す方へ。

第28回社会福祉士国家試験は、平成28年1月24日(日)です。

私もこの試験には苦労しました。

初めての受験は、1点足りず不合格、2回目は、宿直明けの受験でまたもや1点足りず不合格。

そして3回目の昨年、試験前2日間の休みをいただき、なんとか合格できました。


英検準一級、TOEIC、漢検のときも同じでしたが、とにかくアウトプット量が合格の鍵です。

昨年は、本気で勉強し始めたのが遅く12月20日前後です。毎月10日前後の宿直をして、

4人の退所児童の相談などに乗りながらの勉強でした。


宿直は、4時間睡眠。明けてそのまま14時まで勤務。その後、昼寝をして勉強。

勉強時間は2時間が限界で、その分質を重視しました。


テキストの太字部分を何度も確認し、過去問を解く。不正解の場合は、ひたすら解説を読解。暗記。


社会福祉士試験は、範囲もかなり広く、事例問題も多いので、時間内に解くスピードも問われます。

それは、問題を解いて、慣れることでしか身につかない力です。


これから一ヶ月ちょっとで合格を目指すのなら、テキストの重要項目の反復音読。

過去問題を解いて、慣れてください。


知識を脳に自動化して、反射的に問題に答えられよう訓練するのが、この時期に必要な訓練です


Practice makes perfect.(習うより慣れよ)

0 コメント

2015年

4月

24日

新しい家庭教師コンテンツ追加しました!

発達障害・引きこもり児童・生徒家庭教師コンテンツに加えて




英語指導家庭教師




◼︎国語力アップ家庭教師


を追加しました!


詳しくはそれぞれをクリックしてください!

0 コメント

2015年

3月

22日

第27回社会福祉士国家試験合格しました!!

社会福祉士試験、

3度目の正直で受かりました。

今年は、受験しようか迷いながらの受験でした。昨年、一昨年と2点足らず不合格。しかも昨年は宿直明けでの受験。
しかし、それはただの言い訳になるので、
今年は、短期集中型で年末年始にひたすら参考書と過去問に取り組みました。

そして、今年は試験2日前だけですが、連休を職場で頂けたので、なんとか合格できました。ただ、名称独占資格なので、専門性の研鑽に励みたいと思います。

社会福祉士の資格制度に疑問を持つ方の批判もネットで多数あるのは知っています。しかし、TOEICも英検も漢検も自分の取ってきた資格試験に文句を言う人はいつもいました。

そういう人たちにも胸を張れる社会福祉士としての相談援助などを行いたいと改めて思いました。

0 コメント